女性ホルモンの減少

更年期になってしまうと、体に様々な不調が表れてしまうことがあります。特に耳鳴りは厄介です。耳鳴りを起こす原因として、女性ホルモンの減少があり、これには脳や血流の悪さが関係しています。

Read More

更年期障害を乗り切る

更年期障害は誰もが経験する病気です。食事や運動などをストレスをためないようにしながら気をつけていくことが大切になります。家にあまり引きこもりにならないように過ごしましょう。

Read More

日頃の生活を見直して

自律神経失調症になってしまった時にどんな対応をしておくのが望ましいのか、また現在自律神経失調症に対してどのようなアプローチが行われているかといったことが主軸となっています。自律神経にまつわる様々な情報があります。

Read More

更年期の耳鳴り

エストロゲンと脳神経

更年期を迎えた女性では、耳鳴り・頭痛・めまい・不眠・発汗・疲労感や気分の変動など様々ないわゆる更年期症状が出てきます。エストロゲンやプロゲステロンなどの女性ホルモンの産生低下が、耳鳴りの症状に関係があると推測できます。 耳鳴りの原因は聴神経の異常によると考えられますが、女性ホルモン特にエストロゲンは脳神経の働きに重要な役割を持っていることが知られています。例えばエストロゲンには、神経細胞を様々な刺激から保護したり神経の栄養に関与したり神経伝達物質を増やす働きがあることがわかっています。またエストロゲンには脳の血流を増やす機能もあります。これらの働きが落ちることによって、耳から脳への音のシグナルがスムースに脳に伝わらなくなり耳鳴りがおこると考えられます。

更年期症状の治療

更年期症状の治療としては、散歩など適度な運動・十分な休息と睡眠を取り入れたストレスの無い生活に加え、B12などのビタミンB群・抗酸化作用を持つビタミンCや亜鉛などのミネラルや栄養素を含んだバランスの良い食事と十分な水分補給が大事です。耳鳴りと共に顕れる不安・うつの気分や睡眠不足を治療するための薬剤が投与されることもあります。 一般的な耳鳴り治療法には、耳鳴り再訓練法があります。この治療法は、マスキング器具を用いる方法とカウンセリングから成ります。器具を用いても耳鳴りが消えることはありませんが、聞き慣れている持続音をかぶせることによって耳鳴りを感じにくくすることに役立ちます。カウンセリングでは、耳鳴りを減弱する方法などをカウンセラーと話すことで学びます。

心療内科での治療

ストレスを抱えてしまうと、人間は身体面と精神面で負担を感じます。その負担が溜まっていくことで病気になるのです。心療内科では、治療を受けることで心の病が回復できますが、時間が掛かるため費用の負担が大きくなります。

Read More